CRC求人を選ぶ際は注意しましょう!

CRCの求人先、病院とSMOの違いとは?

現在のCRCの職場は病院に在籍する院内CRCと、SMO(企業)に在籍して医療機関へ派遣されるCRCが一般的です。同じCRCには変わりありませんが仕事のスタイルや年収などには違いが見られますので、これからCRCに転職を考えていらっしゃる方はその違いを把握しておきましょう。

まず、院内CRCは、既にその病院に看護師や薬剤師、臨床検査技師などとして就労している方がCRCに部署移動するケースが多い傾向にあります。 しかし、病院によっては治験が行われる時だけ看護師などがサポートに入り看護師とCRCを兼務するというスタイルや、非常勤やパートとして治験が行われる時のみ外部から雇用するといったスタイルも見られます。

院内CRCが全て同じ雇用形態とは限らず、ご自身が望むような形態とは異なる場合もあるかもしれません。とはいっても、医療機関に気遣いながら治験を実施する企業のCRCとは違い、院内CRCは医師や看護師からの協力も受けやすく魅力を感じる方も少なくありません。

現在、治験を行う病院に勤務されていらっしゃる方なら、どんな業務スタイルになるのか調査して、それに納得出来たら移動希望する旨を伝えると良いでしょう。また、病院外部の方は求人先の病院がどのような雇用形態で募集しているのか事前に把握してアプローチするよう心掛けて見て下さい。

在籍中の病院にCRCが無かった場合や部署移動が難しい場合、雇用形態に不満がある方は求人サイトを利用して、ご自身が望むCRCの職場を探してもらうというのも一つの方法です。業界に詳しいコンサルタントに希望に見合った案件を紹介してもらいましょう。

病院によってスタイルが異なるCRCに対して、SMOのCRCは治験未経験者でも比較的入りやすい求人先です。規模が大きく上場企業ともなれば、CRC研修や就職支援、勉強会など未経験者の受け入れ態勢が整っている企業も数多くあります。

SMOは治験施設支援機関として治験を行う医療機関に派遣される形で業務を行う事となりますが、製薬会社と医療機関、各専門分野の担当者、そして被験者の方が円滑に治験プロジェクトを遂行できるよう全体のサポートやフォローも大事な仕事の一つです。

院内CRCよりも業務幅は広くなりますが、その分、収入も多く多くの知識と経験を得る事が出来るでしょう。 現在あるCRCの求人の半数以上がSMOなどの企業からのもので、正社員以外にも派遣やパートなどの雇用形態での募集も多くあります。気になる方は、こちらで紹介している転職サイトで求人案件をご覧になって見てはいかがでしょうか。


 治験コーディネーター(CRC)に強い求人サイトは?