デメリットもしっかり理解しておきたいですね!

治験コーディネーターとして働くメリット・デメリットは?

治験コーディネーター(CRC)として就職・転職をするなら、そのメリット・デメリットを十分に把握した上での行動が必要です。メリットも多くありますが、その裏にあるデメリットにも注目しないことには、就業後に期待とのギャップで挫折に繋がる可能性もあります。

CRCになる人は、看護師、臨床検査技師、薬剤師の医療資格を持つ人がほとんどですが、CRCに転職する場合は病院、または調剤薬局等からの転職になります。CRCは企業に勤務することがほとんどですから、その勤務スタイルは大きく変わってきます。

まず、規則的な土日休みが取れるようになり、有給も消化しやすくなります。そして、夜勤がないという点も大きなメリットです。これによって家庭との両立やプライベートの充実度が大きく変わる人は多くいます。

そして、看護師として病院で勤務していた方なら、肉体労働的な仕事もなくなり体力的な負担が軽くなります。そして、医療ミスや患者さんの生命に関わる大事がないという点で、精神的な負担も軽くなります。

病院や調剤薬局は、人間関係が狭くなりがちで、社会的視野が限定されてしまう傾向がありますがCRCとして勤務すると、医療機関の医師や看護師、製薬会社の担当者、就業先の企業の関係者と多くの人と関わることになります。よって、CRCとして働くことでこれまで得られなかった社会常識やマナーに触れ、視野を広げる機会に恵まれます。

もちろんそこでは多様な人たちとのコミュニケーションが必須になりますので、人と接することや、戦略的に会話を進めることが得意な人には非常に合った職種と言えます。しかも、自分の働きで治験が円滑に進んだ際には、それを実感しやすいですし、評価される企業文化があります。

もう一つ大事なメリットとしては、お給料が病院などと比較すると断然良い点です。昇給も安定しているところが多く、例えば病院で検査技師として就業していた方なら驚くほど年収が上がるケースもあります。

最後に、やはり最新の医療に関わることができ、自分が関わった新薬が販売開始となったときには大きな達成感となって感じることができます。これもCRCの大きな醍醐味です。 しかし、CRCはメリットばかりではなく、デメリットもありますので十分注意をしましょう。

まずは、コーディネーターという職種であるからには、様々な関係者の利害関係に囲まれながら気を使っていきますので、ストレスが溜まりがちになります。それまでの病院や調剤薬局等の環境とは人間関係が大きく異なり、営業力的なものも求められるため、コミュニケーションが得意ではない人には、苦痛でしかない職場になる可能性が高いです。

仕事内容の違いにもデメリットは見られます。採血や調剤、検査等の医療行為を一切行わなくなります。よって、せっかくの資格が活かせず物足りなさを感じる人や、自分の医療スキルが落ちていくことに不安を抱く方も多いです。元の医療現場の職場に戻りにくくなる可能性もあります。

そして病院や調剤薬局等ではあまりなかった、事務仕事が大きく増えることも、苦手な人にはデメリットになります。慣れないパソコン操作、デスクに長時間座ることは苦労に感じてしまうかもしれません。

また、参加するプロジェクトによって勤務地が変わることもデメリットです。出張も多くなりますし、通勤が大変なプロジェクトに参加した際には大きな負担になってしまいます。

さらに、企業に勤めるという点では上記の通りメリットも多いのですが、やはり利益を重視する世界で働くことにもデメリットを感じる人はいます。会社に利益を上げなくてはならないため、ノルマはなくとも目標設定をさせられたり、患者さんのためよりは新薬の成功のために働く感覚が否めない瞬間もあるでしょう。

CRCへの転職はかなりの転換になりますので、誰にとっても向き、不向きはあります。よってどうしても悩んで足踏みするということなら、転職サイトのコンサルタントに相談しながらじっくり考えるという方法もあります。

専門の転職サイトなら、業界に詳しいコンサルタントもいますし、求人探しもとても効率的にできます。是非登録から始めてみてはいかがでしょうか。おススメサイトを下のリンクからご利用くださいね。

copyright 2013 治験コーディネーターに強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。