治験コーディネーターって派遣でも働けるの?

治験コーディネーター、派遣で働きたい

看護師や薬剤師、臨床検査技師の資格を活かして働きたい人、または既にCRC(治験コーディネーター)として勤務経験があり、引き続きCRCとして働きたい人けれど、子育てなどで家庭との両立が図れず、正社員での就業を見送る人も多くいます。

そんなときには、パート・アルバイト、そして派遣でのCRCへの就業をするチャンスがあります。正社員より時間の融通が利きますので、家庭との両立が楽になります。

そして、CRCに派遣で勤務する場合は、時給が1400~2500円とパート・アルバイトより高めに設定されているところが魅力です。しかし、CRCに派遣として勤務する場合にはいくつか注意点がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

まず、派遣法においていくつかの業務への派遣が禁止されています。その中に医療業務への従事へも派遣は禁止されています。これは看護師や薬剤師の職場にも同じことが言え、CRCも例外ではありません。

CRCの仕事には、スケジュール調整や報告書の作成など、医療行為でない仕事も多くありますので派遣は可能かとも思われますが、忙しい治験の現場で採血などの医療行為をまったくさせなという約束も難しく、派遣する側も受ける側も派遣CRCへの業務を任せにくくなる現状があります。

そこで、通常派遣ではなく「紹介予定派遣」である正社員前提の派遣なら、通常のCRCの業務を行うことが許可されています。よって、CRCの派遣の求人はほとんどが紹介予定派遣となっています。

次に注意点としては、二重派遣の禁止の恐れがある点です。CRCの勤務先は、病院もありますが、ほとんどがSMOと呼ばれる医療機関へCRCを派遣する企業になります。SMOに派遣され、さらにSMOから医療機関に派遣されることは、二重派遣と呼ばれ派遣法で禁止されています。

よって、SMOから派遣される場合はその契約に注意が必要になってきます。例えば派遣先で受ける指示がSMOの上司からすべてあるようであれば問題はありません。しかし現実的には現場の医師などに指示を受けることになりますので、それでは二重派遣の扱いになります。

または、SMOと医療機関の間の契約が、派遣契約ではなく業務委託契約となっている場合、二重派遣にはなりません。ほとんどのSMO派遣の場合はこの処置を取っている場合がほとんどです。

もし子育てが一段落つく予定があったり、正社員を後に希望するようであれば、紹介予定派遣はおススメです。医療行為も可能ですし、仕事の幅が広がりますので、充実した仕事内容の中で安心して働くことができます。

CRCの派遣求人探しなら、専門の転職サイトの理由が効果的です。求人も探しやすく、自分に合った求人を見つけてくださいね。プロのコンサルタントの相談も受けることもできますし、是非登録をしてみてください。下のおススメサイトのリンクをご利用ください。