治験コーディネーターのほとんどが看護師出身です!

看護師から治験コーディネーターに転職ってどう?

医師のサポートを行いながら患者さんと密接に関わりサポートしていく看護師と、新薬を世に送り出し多くの患者さんのために力を尽くす治験コーディネーター(CRC)。どちらも医療や治療にとって欠かせない大切な存在です。

そんな2つの職種ですが、実は現役CRCの多くが看護師資格所持者でCRCになる以前に医療施設等での臨床経験を持った方々なのです。つまり、看護師からCRCに転職するパターンがとても多いという事になります。

看護師の仕事は残業や夜勤を避けて取るのはなかなか難しいものです。また、専門的な知識だけではなく体力も備わっていなければなりませんし、人間関係などにおける精神的な強さも必要となります。

特に看護師が女性の方の場合は、結婚や出産そして育児などライフスタイルの変化があると、職場の要望通りの勤務が出来なくなってしまう事もあります。看護師の多くは、そのような転機がきっかけとなり離職してしまうケースが非常に多く聞かれます。

一度離職してしまうと復帰のタイミングに二の足を踏んでしまう方も多いでしょう。ブランクが長くなればなるほど復帰が遠のいてしまい、気がつけば知識や体力に衰えを感じてしまう場合もあるかもしれませんね。

そんなブランクのある看護師の方や、育児と両立させなければならない看護師の方に選ばれるのが、定時勤務でデスクワークが中心の業務となる治験コーディネーターなのです。 もちろん、中には新たな業務にチャレンジしたいという看護師の方が、意欲を持ってCRCに転職されるケースもたくさんあります。

CRCは免許や資格がなくても、ある程度の医療に精通した経験がある方なら比較的就職しやすい職業です。しかし、CRCのメインの仕事は治験に協力して下さる被験者の方のケアです。その為、治験に関する専門知識も必要になりますが、最も求められるのはコミュニケーション能力なのです。

薬剤師資格取得者や臨床検査技師資格取得者のCRCもいますが、治験会社にとって即戦力となるのは、やはり患者さんの対応に慣れている看護師資格所持者で、実際にCRC求人の多くが応募条件として看護師の資格所持者という規定を設けています。

看護師のように夜勤で収入を上げる努力をしなくとも、規模の大きい治験企業に勤務できれば定時業務だけでも看護師と同等、若しくは看護師の収入を上回る事も可能になります。

看護師の仕事に限界を感じていらっしゃる方、また治験業界に意欲や興味のある方は、是非こちらのサイトをご参考になさってください。CRCに転職を成功させている看護師さんはとっても多いですので、ご自身が働きやすそうな求人先を探してみて下さい。