治験コーディネーターは未経験でもOK?

治験コーディネーターになるには資格が必要?

新薬を生み出すプロジェクトに参加できる治験コーディネーターに興味を持った方の中には、特殊な業界なだけに何か特別な資格がいるのではないかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

医療に精通している方でしたら就職しやすい傾向にあると言われるCRC(治験コーディネーター)ですが、実際はCRCの求人に応募した臨床検査技師の方で現場経験が数年になる方が書類選考で落ちてしまったという例もあります。そんな方は一体何が足りなかったのでしょう。

CRCとしての働き方は、院内CRCかSMOなど企業に所属するCRCとなるのが一般的です。院内CRCの求人はそう多くなく、その病院に看護師などとして勤務していた方がそのままCRCに転向するといったケースがほとんどです。

そうなると残るはSMOなど企業に所属するCRCとなりますが、現在の求人動向を見てみると看護師資格所持者という条件が多く見られます。逆に少ないのが薬剤師や臨床検査技師資格所持者です。

臨床検査技師は検体の検査値に関する知識で、医師やCRA(臨床開発モニター)などへ専門的な見解を述べる事に長けてはいますが、患者さんに直接関わり合う事はあまりありません。一方、看護師は薬や検体の知識はそう多くありませんが、患者さんのフォローやサポートに関しては、それこそが仕事と言う位にメインの業務となっています。

企業が求めるCRCの本質はコミュニケーション能力なのです。 つまり、治験コーディネーターになるには特別な資格等がいるわけではありませんが、医療に精通していて更にコミュニケーション能力に長けた人材が求められているという事になります。

専門的な見解が出来ても、被験者の方の信頼を得られなければ治験は成り立ちません。もちろん医学的な知識は必要ですし、薬学的知識や法的知識なども身につけて行かなければなりませんが、大事なのは被験者の方コンディションに気を配りながら納得して治験に参加して頂く事です。

さて、CRCの専門性を高める為の資格が幾つかあるのをご存知でしょうか?日本SMO協会や日本臨床薬理学会、SMONA、SoCRAなどが実地するCRC認定資格というのがあります。

近年は製薬会社がCRC認定資格所持者の多く在籍しているSMOに治験依頼をする傾向がありますので、今後のCRC求人の条件として「CRC認定資格所持者」と掲げる治験会社も増えてくるでしょう。

企業によっては資格取得のサポートや研修会等を行っている治験会社もありますので、興味のある方や、今後CRCとして活動したいと考えていらっしゃる方は、一度こちらの転職サイトで求人案件をチェックしてみて下さい。


 治験コーディネーター(CRC)に強い求人サイトは?