治験コーディネーターの気になるお給料事情について

治験コーディネーターの給料・年収は?

病院勤務のCRC(治験コーディネーター)や企業に勤めるCRCですが、どちらにしても特殊で希少な職業なだけに、その給料や年収が気になります。CRCの給料の平均はどの程度で、どんな事が基準となり、そしてどのような傾向があるのでしょうか。

CRCの年収は350万円~600万円という一つのデータがあります。かなりの幅広さに驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、これには雇用先の規定の基準が大きく関係しています。

雇用先によって査定項目は事なりますが、多くは年齢や臨床経験の有無、治験に携わった事があるか否か、更にそれらの経験年数、また家庭環境(お子さんの有無など)や面接でのコミュニケーション能力などが考慮される傾向にあります。

即戦力となるかどうかは他業種の雇用先でも特に注目する所ですが、CRCは多くの専門業種の担当者と関わる事になりますので、やはり医療に携わった経験や治験に係わる業務経験があるかどうかは給料面に大きく反映します。

医療に携わった経験のない方でも募集される事はあるようですが、多くは看護師や臨床検査技師、薬剤師などの資格所持者を募っている場合が多く、それぞれの経験年数や資格の有無次第で初任給に差が出ます。

全国のCRCの平均初年収を見てみると、臨床検査技師資格所持者<看護師資格所持者<CRC経験者 という見方が出来ますが、勤続3年目以降からは差がほとんどなくなり、その後の年収・給料は役職がついたり部下に指導する立場になったりする事によって増加していきます。

上場企業のSMOに勤務する役職有りのベテランCRCの例では、1000万円近くの年収がある方もいらっしゃいます。ここで気をつけたいのは、東京や大阪などの大都市に勤務するCRCと地方勤務のCRCでは年収にかなりの差があるという事です。

同じ経験年数、同じ資格を所持した方であっても、その差は50万円/年の開きがある場合もあるのです。 これから治験コーディネーターとして就職活動される予定の方は、こちらの転職サイトで地域ごとの年収をご覧になってみてください。

先にCRCの平均年収データをあげましたが、経験や勤務地域の他にも雇用先の会社の規模によってもかなりの差があります。安易に就職先を決めるのではなく転職先の最新情報を日々チェックしながら、一方で経験を積むべく治験コーディネーター認定資格取得の勉強を進める等して、準備を整えて行くと良いでしょう。


 治験コーディネーター(CRC)に強い求人サイトは?