臨床経験がない方がCRCを目指すには?

治験コーディネーターに転職、臨床経験はあったほうがいい?

CRC(治験コーディネーター)の求人広告等を見てみると、看護師や薬剤師などの医療に関する資格保持者という条件もあれば、資格保持の条件などは一切無い事もあります。

CRCになるために必要な資格というのは、ご存じの通り特別にはありませんし、未経験者で資格がなくても医療の知識がある程度あればCRCの仕事をする事は法的には可能なのです。 しかし、実際の現場は医師や看護師、製薬メーカーの担当者など医療に携わる人たちと接する事が仕事とも言えます。

各関係者に信頼してもらえなければ治験を円滑に進めて行く事も難しくなる可能性があります。 臨床経験のないCRCが医師や専門機関、治験に不安を抱えた被験者等に接するのは、素人が考えても疑問に感じてしまうのではないでしょうか。

CRCが所属するSMOなどの企業では、病院からの依頼があってこそ成り立っています。治験担当医師の信頼を得るためには、やはり医療に精通した経験者を選ぶでしょう。 現役CRCが持つ資格で最も多いのが看護師資格です。

次いで臨床検査技師、そして薬剤師となります。どんな資格にしても臨床経験は欠かせませんが、他にもCRCに求められる能力や資質があります。 CRCの主な業務は医師や看護師、被験者や製薬メーカー等と連携して治験を適正に行う事です。

それぞれのポジションの担当者が円滑に治験に協力してくれるよう潤滑油の役割をしなくてはなりません。医師や製薬メーカーとの専門的な会話をこなす一方で忙しい看護師の協力を仰いだり、不安定な被験者の方の心のケアを行ったりと、その場面と相手に合わせた対応能力が求められます。

また、治験という特殊な業務を行うCRCとして、倫理的概念や法的知識を持つ事も大切です。 臨床経験の無い方がこれらを習得するには長い時間がかかるでしょう。やはり即戦力となるのは、医療の仕組みを理解した医療従事経験者となるのです。

医療系の資格や臨床経験のない方が治験に携わる仕事を目指すには、製薬メーカーの新薬開発のサポートをするCROのCRA(臨床開発モニター)で治験の経験を積むという方法もあります。 CRCでは資格が無い方でも治験に携わった事のある経験者の採用は優遇される傾向にあります。

業務内容は異なりますが治験に深くかかわる事が可能ですので、興味のある方はこちらの転職サイトのコンサルタントにCRAについても訪ねてみてはいかがでしょうか。この業界のプロが、ご自身のスキルに合った職場を紹介してくれるはずです。