治験コーディネーターを目指すなら早いうちから!

治験コーディネーター、年齢制限はあるの?

CRC(治験コーディネーター)を見かけた事がある方はお気づきかと思いますが、比較的若い方が多いと思います。これからCRCに転職をお考えの方は、求人に応募される前に現在どのような動向があるのかを知っておくと求人先選びにも役に立つでしょう。

CRCの求人でも、法律上、年齢制限は設けていませんが、未経験の方は40歳あたりにボーダーラインがあるようです。

では、もっとも多く採用されている年齢層はというと、26歳~30歳の層が最も多く、年齢が上がるごとに採用人数も減少していきます。採用されなかった方の中に年齢制限にひっかかったと感じる方が少なくないのもわかるような気がしますね。

21歳~25歳までの方も若干少ない傾向にありますので、40歳~50歳以上の方と同じく注意が必要です。しかし、企業別で採用年齢を見てみると、20代後半から30代前半に採用人数が集中している企業もあれば、20代~50代近くの年齢の方たちをバランスよく採用している企業も見られます。

つまり、転職先がどんな採用基準になっているのか事前に調査する事で、無駄が省け転職も成功する可能性が高くなるという事です。

さて、では経験者がより優遇される業界としても知られているCRCですが、実際、年齢制限に関係なく採用されているのでしょうか?

あるデータを見ると、20代~50代までのCRC経験者が転職した場合、もっとも多いのが31歳~40歳となっており、40代~50代にも採用された方が見られます。中には54歳で転職に成功した方もいらっしゃいました。CRC経験者の転職には年齢制限はほとんど関係ないようです。

特殊な職業でもあるCRCは、専門的な知識やノウハウも必要となる為、多くのSMOや治験会社では研修期間などが設けられています。未経験者を雇用する場合、実際に即戦力となるまでに多くの時間を要するのです。関係者の話では、それが若年層を採用する理由の一つとなっているという声もあります。

未経験の方でこの先CRCに転職を考えていらっしゃる方は、どの企業がどんな採用基準なのかを調査してみると良いでしょう。こちらの求人サイトでは、気になる事をあなたの代わりに調査してくれる専任コンサルタントが利用できます。 無駄な時間を省き効率的に転職するには、とても便利な機能です。幾つかのサイトを無料登録する事でより多くの求人動向知ることがかのうです。ぜひ一度利用してみて下さい。