似ているけど仕事内容は大きく異なります

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)の違い

CRC(治験コーディネーター)の求人を閲覧しているとCRA(臨床開発モニター)というのを見かけるかと思います。どちらも同じく治験に携わる仕事ですが、CRCの雇用先はSMOでCRAの雇用先はCROとなります。

SMO→CRC(Clinical Research Coordinator) 病院をサポートする仕事 CRO→CRA(Clinical Research Associate)製薬会社をサポートする仕事

製薬会社から依頼を受けたCRAが治験の計画を行い、各病院へ治験の依頼をします。各病院で適正な治験が行われているかチェックしながら最終的に結果データを集計します。一方、病院から依頼を受けたCRCは現場で医師や看護師、被験者の方と共に治験の実施を行い、取りまとめます。

雇用先や業務を行う現場が違いますので、関わる人達もそれぞれ違います。 CRCは病院が現場となりますので医師や看護師などの医療従事者、そして被験者と接する機会が多く、それぞれが円滑に治験に協力できるようサポートするのが仕事となります。

対してCRAは製薬会社とのやり取りが多く、CRCに対して新薬やプロジェクトの説明等を行う場合もあります。業務の性質上、CRCは病院の内情やシステムに詳しく患者さんとのコミュニケーションも取れる看護師資格を持った方が最も多く、CRAは薬に関する知識が豊富な薬剤師資格保持者が多いと言われています。

それぞれの平均年収はCRCが500万円前後、CRAが600万円前後というデータがあります。一般的にCRAの方が高給になる傾向があり、役職などがついてくると年収1200万円前後も可能です。

また、CRAは男女比が同じなのに対して、CRCは8割方が女性です。CRCの勤務時間はほぼ定時となるので、家事や育児との両立がしやすいというのがその理由の一つでしょう。ちなみにCRAは平均すると1日1時間~2時間の残業があります。

両者ともやりがいのある社会に必要な仕事ですが、特徴や業務内容はこのように異なります。より専門的な薬の知識に興味があり、データ管理などが得意な方はCRAを。コミュニケーション能力を発揮したい、育児などと両立させたいという方はCRCを選ぶと良いかもしれませんね。

CRCとCRAの求人情報はこちらの転職サイトで幅広く紹介しています。どちらの仕事がご自身に合うのかどうか、転職サイトの専任コンサルタントに相談してみるのもおすすめです。無料登録する事で利用できますが、専門的な見解をもってアドバイスしてくれるはずですよ。