転職を成功に導く志望動機について

治験コーディネーターの志望動機は?

看護師や薬剤師、臨床検査技師の方の転職先の一つとして知られている治験コーディネーターですが、どんな職業でも入社試験や面接などはそう簡単にスルーできるものではありませんよね。とりわけCRCという特殊な仕事への転職となれば、試験や面接内容を調べても資料は多くないはずです。

さて、現在、CRC(治験コーディネーター)として活躍されていらっしゃる方の多くが転職時に感じた事の一つに、「CRCの志望動機を聞かれたが上手に答えられなかった」という声があります。治験に携わった経験がある方はともかく、初めて治験の世界に入る方は何から述べて良いものか考え込んでしまうのかもしれませんね。

志望動機を明確に効果的に述べるには、まず治験に関する興味や魅力を自分なりにまとめてみる事から始めると良いでしょう。

治験に興味を持った経緯やどんな魅力を感じたのかなどを簡潔に述べます。「新薬の誕生に携われる仕事」「多くの患者さんの手助けが出来る」「新しい分野への挑戦がしたい」など、前向きな内容になるよう心掛けましょう。

また、前職での培った経験なども合わせて述べると効果もあがります。 「看護師としての資格や経験を活かしたい」「コミュニケーション能力を発揮したい」「薬剤の知識を活かし、更に新しい知識を吸収したい」「病院での臨床検査で培った知識を新薬開発や治験で活かしたい」など、前職でどんな業務を行ってきたかという事や希望や目指す目標、熱意などを加えるとより効果的です。

気を付けたいのは、「前職にやりがいを見いだせなかった」「前の職場で人間関係がうまくいかなかった」「肉体的・精神的に無理だった」など後ろ向きの内容は控えましょう。

どんな職業でも同じですが、雇用側からすれば前職でのマイナス面が当社でも出るのではないか?ということも判断基準となります。製薬会社や医療機関への信頼にもかかわりますので、健全で清潔感を感じる内容が望まれます。

治験への想いを的確に述べ、アピール出来る事はしっかりアピールしながら、将来的な展望を感じさせる志望動機になるようまとめておきましょう。

初めてCRCへ就職・転職する方は、不安な事も多いかと思います。そのような状態で企業にアプローチするよりも、一度こちらの転職エージェントのコンサルタントにCRCの求人や面接内容について相談してみるのも良いでしょう。 無料登録する事で専任コンサルタントを利用する事が出来ます。