どんな仕事を行うのかしっかりと把握しておくことが大切ですね

治験コーディネーターの適性とは?

どんなに好きな仕事でも向き不向きというのはあるものです。学生時代から看護師を目指していたが、資格取得し実際に現場に就いてみると…こんなはずではなかった。そんな声も少なくありませんよね。 治験コーディネーターという特殊な仕事にも、ある程度の適正があると言われています。

看護師の方の転職先の一つとしても知られている治験コーディネーターですが、雇用先はSMOや治験を行っている医療機関が主となります。そして、その名の通り治験をコーディネートするのが業務となり、治験が滞りなく適正に行われるように医師や看護師と連携を図り、被験者の方が安心して治験に参加できるようにサポートしていきます。

医師の意向を聞きながら、忙しい看護師さんへの説明をしたり被験者の方の不安などにも対処したりしなくてはなりません。時にはそれぞれの意向やスケジュールなどがまとまらず、上手くコーディネート出来ない事もあるでしょう。

治験コーディネーターに最も求められるスキルは、こんな時に必要となるコミュニケーション能力なのです。 多くの治験コーディネーターの求人で、看護師等の資格保持者を求めているわけはここにあります。病院のシステムや内情に詳しく、尚且つ患者さんとの関わり合いにも慣れていれば、治験を行う際の関係者へのフォローやサポートも円滑に出来る可能性が高いというわけです。

また、治験コーディネーターは治験が行われる病院での現場業務だけではなく、事業所等での書類作成も重要な業務の一つです。治験が無い時は1日PCで書類作成をするほど多くの書類を扱いますので、事務的な業務が苦手な方には少々大変かもしれません。

さて、治験コーディネーターには、コミュニケーション能力と事務作業の必要性があるという事をお話ししましたが、これらは勤務してからでもスキルを身につけて行く事が可能ですし、ほとんどの企業が社員研修を設けていますのであまり心配はいらないでしょう。

現役の治験コーディネーターの方の中には、看護師業務の残業や夜勤などが出来なくなった事で転職したという方も多くいらっしゃいます。女性の割合が多い治験コーディネーターの仕事は残業や夜勤などもありませんので、家事や育児との両立を図りたい方や肉体的にきつい仕事が出来ない方には向いていると言えます。

最後に、治験コーディネーターは一切の医療行為は行いませんので、直接的なケアや服薬指導などを積極的に行いたいという方には向いていないかもしれませんね。 実際の治験コーディネーターの業務をもっとよく知りたい方は、こちらの転職サイトをご利用ください。