似ているけど全く異なる二つの所属先について

CROとSMOの違いって?

治験コーディネーターの雇用先は企業や病院などがありますが、求人でよく見かけるのは企業からの募集広告だと思います。そこで目にするのは「CRO」の「CRA」や「SMO」の「CRC」等ではないでしょうか。

CROとSMOは、どちらも治験に携わる会社には違いありませんが、CROは製薬会社からの委託で新薬開発のサポートをするのに対して、SMOは病院からの委託で治験のサポートをするという委託先の違いがあります。

そして、CROに勤務して治験が適切に行われているか確認したり、製薬メーカーへ治験の結果報告などを行ったりするのが、CRA(臨床開発モニター)です。更に、SMOに勤務し提携先の医療機関で治験のサポートや被験者の方のフォローを行うのがCRC(治験コーディネーター)となります。

つまり、CROは製薬会社との連携、そしてSMOでは医療機関との連携が必要となり、仕事内容や関わり合う人々にもそれぞれ違いがあるのです。

製薬メーカーの方とのやり取りが多いCROでは、治験の発案や計画から管理、統計解析などが主な仕事となるため、求人ではそれに伴った知識や能力が求められます。薬剤師や臨床検査技師等の資格は求められませんが、治験に携わった経験者が優遇される傾向にあります。英語力やデータ処理などのスキルがあれば尚良いでしょう。

また、医療機関で治験実地のサポートをするSMOでは治験を管理するCROのCRAのもと、治験を円滑に進めて行かなければなりません。現場では医師や看護師、被験者の方とのやり取りが多くなりますので、病院勤務の経験者で看護師や薬剤師、臨床検査技師等の資格保持者が求められ優遇されます。

さて、CROとSMOの違いを大まかに挙げましたが、どちらも新薬をこの世に送り出す為には欠かせない機関です。ご自身の適正や、これまでの経験を生かせる職場を選ぶのも良いですし、収入や生活スタイルに合った職場を選ぶのも良いでしょう。

画期的な新薬のリリースに携わり、世界中の患者さんが病から解放されるという事もあるかもしれません。看護師や薬剤師等の資格を持っていらっしゃる方は、CRC(治験コーディネーター)から始めて治験の世界を知るというのもおすすめです。

こちらで紹介している求人・転職サイトでは、治験コーディネーターの他にも治験に関する沢山の求人を見る事が出来ます。それぞれに収入や待遇の違いもありますので、興味のある方はぜひ一度ご覧になって見て下さい。