CRCを目指すからには公認資格の取得を目標に掲げましょう

治験コーディネーター(CRC)のスキルアップ法は?

治験コーディネーターであるCRCになるには、基本的に資格は必要ありません。ですが、看護師、臨床検査技師、薬剤師等の医療国家資格を持つ方がほとんどを占めます。そして、CRCのスキルアップとして「公認CRC」の資格取得も視野に入れておくと良いでしょう。

公認CRC制度はいくつかの学術団体や学会によって行われ、CRCとして業務を遂行する上での必要な知識を持っていることを認める資格です。

これもCRCとして必ず必要な資格ではありませんが、取得することで就職や転職に有利になったり、資格手当が支給されることがあります。企業によっては資格取得を推奨し、昇進の条件として位置付けているところもあります。資格手当をとっても、月5000円~一万円のプラスになりますので、お給料にも非常に影響します。

CRCを必要とする医療機関も、公認CRC資格保持者を求める傾向にありますので、資格取得はCRCにとって非常に大きな利点となり得ます。

公認CRC制度の認定元は現在4つあり、「日本SMO協会」「日本臨床薬理学会」「SMOネットワーク協同組合」「SoCRA Japan」です。この中でも一番取得者が多いのが日本SMO協会認定の公認CRCです。

それぞれに受験資格が設けられていますが、例えば日本SMO協会認定であれば、協会が定める導入教育研修を終了後に2年以上の実務経験を必要とします。他の資格も同様でほとんどが約2年以上の実務経験が必須となっています。

そして、認定試験を合格しただけでは安心はできません。より厳しいハードルが設けられているのは更新制度を設けている点です。日本SMO協会認定であれば、5年での更新が必須で、更新試験を受験するか、協会が指定する研修会や学会に参加し10ポイント以上という規定値を超えなくてはなりません。

これは例えば日本臨床薬理学会認定資格でも同様の更新制度が取られています。難度で言えば日本臨床薬理学会、日本SMO協会、SMOネットワーク協同組合と言われており、SoCRA Japanは米国発の企業であり、国外でも認められている点が魅力です。

CRCとして就業し、2年~3年の経験を得てCRCの業務の感覚に自信がついたところで、これらの資格試験に挑戦することはスキルアップの段階としても非常に有効なことです。今後ますます優秀なCRCが求められますので、各団体の資格の内容や受験資格をしっかり把握した上で、資格取得に向けた意識を高めることをお勧めします。

受験資格を得るには実務経験が必須です。CRCとしての知識と経験を積む大事な職場を探すには、専門転職サイトの利用が最も効果的です。おススメのサイトを下のリンクから是非チェックしてみてください。

copyright 2013 治験コーディネーターに強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。