CRCに向いていないかも・・・仕事内容に悩む方は多いようです

治験コーディネーターが抱えやすい悩みとは?

治験コーディネーター(CRC)は看護師や薬剤師、臨床検査技師の資格を持つ方が多く就業する職種ですが、日勤のみで土日休みである場合が多く、お給料も比較的良いこともあって医療関係の職種でも人気があるものの一つです。

そして、新薬の臨床実験を行う治験のスケジュール管理や被験者への対応を行い、縁の下の力持ち的な役割を担います。大きな治験プロジェクトを担当し、それをうまく調整しながら成功に結び付けたときには、大きなやりがいと感じられることでしょう。

しかし、そんなCRCでも悩みを持つ要素は多くあります。CRCを目指すならCRCが落ち入りやすい悩みを把握した上で、どんな人がCRCに向いているのかも把握しておきましょう。 まずは、CRCは医師、看護師、被験者、製薬会社と多方面の多くの人とコミュニケーションを頻繁にとり、各利害関係を把握した上で治験のスケジュール等を調整していかなくてはなりません。

そうすると、どうしても人間関係が複雑化され、ストレスが溜まってしまう傾向があります。それぞれには主張があり、それに耳を傾けるのがCRCです。そしてお互いの納得を引きだすことも仕事ですので、うまくいかない時には大きな悩みを抱えることになってしまいます。

そして、治験は製薬会社が新薬の成功を、CRCを採用した企業も利益を重視している点も否めず、どうしても業務内容がビジネスに傾くときがあります。患者の治療や医療への貢献より、望み通りの臨床データを取ることが優先されるケースもあり、そんなときはCRCにも精神的に負荷が大きくかかり、違和感の中で仕事を進めることになります。

さらには、CRCは意外と事務仕事の比重が大きいことも悩みとして抱える人もいます。治験で得られたデータをまとめたり、報告書の下書きやチェックを担当することも多いです。デスクに座りPCに向かう作業が苦手な人には、向いていないと言えます。

また、CRCはSMOというCRCを治験を行う医療機関に派遣する企業に勤めることが多く、その場合には出張が多くなることも悩みの種に感じる人もいます。

こうして見ていくと、CRCに向いているのはどんな人なのかが見えてくると思います。多様な多くの人に囲まれても、あまりストレスを抱えずに調整業務を行えるだけのコミュニケーションを得意としている人は向いていると言えます。そして、CRCの事務作業や出張等、働くスタイルにも十分注意を払いたいですね。

それでも最新の医療に関わりながら、貴重な知識と経験をCRCには十分な魅力があります。転職を希望する方は、CRCの求人が最も集まる専門の転職サイトの利用が便利です。下のおススメサイトのリンクから、まずは登録からスタートしてみてくださいね。