薬剤師から治験コーディネーターに転職ってどう?

薬剤師の方が転職をする際、CRC、つまり治験コーディネーターに興味を持つ人も多いです。治験は新薬の開発過程において必要な有効性や副作用を調べるための臨床試験のことをさしますが、そこでスケジュール管理や被験者への服役指導やケアを行うのがCRCです。

薬剤師がCRCに転職する際には、ステップアップの意思があって目指す方が多いですが、CRCに転職するメリットはどのようなものがあるでしょうか。

CRCになるためには特別な資格が必要とはされていません。しかし、その多くが看護師や薬剤師、臨床検査技師といった医療資格を持っています。新薬の開発に関わるのですから、最前線の薬学に触れられるという点で、薬剤師にとっては非常にやりがいのある仕事になります。

自分が関わった薬が販売された際には、大きな達成感となって感じられるでしょう。 CRCの大事な仕事としては、被験者の方に対する服役指導があげられます。これはまさしく調剤や病院で勤務する薬剤師の業務内容に含まれることで、もし調剤薬局等から転職するのであれば、それまでの経験を十分に活かすことが可能です。

また、被験者の方に対してメンタルケアを行うのもCRCの仕事です。治験は何かと不安がつきものですので、被験者の方に安心できる情報を与えたり、相談に乗ったりすることが必要です。 その際には薬剤師の専門知識が十分に発揮できますし、説明するにも相談に乗るにもコミュニケーション能力が大事です。

元々人とコミュニケーションを取ることが好きな人には非常に向いていますし、コミュニケーション能力を磨く場としても、とても良い経験を得ることができます。 さらには治験においては、医師を含めて多くの職種の方と関わることができます。これによってさらに医療業界に精通することができますし、コミュニケーション能力が磨けます。

そして、CRCはお給料面でもメリットがあることは忘れてはなりません。調剤薬局や病院等の薬剤師の職場は、給料が頭打ちになる傾向が強くなっています。しかし、CRCは勤務年数や経験に応じて昇給が安定して見込むことができます。

また、転職後の初年度の給料を比べても500万円程度と、他の職場より50万~150万円程高額になっているケースが多くなっています。スタートも良く、安定した昇給も望めますので、CRCとして管理職に就けた場合には年収1000万円以上を得るチャンスもあります。

CRCへ転職するメリットを十分に把握した上で、自分がどんな環境で仕事をしていきたいのか十分に検討してみてください。CRCへの転職を目指すなら、専門の転職サイトの利用が一番効果的です。下のおススメサイトのリンクから是非チェックしてみてくださいね。